スポンサード リンク

「働きマン」 第4話あらすじ

★「働きマン」 第4話あらすじ

ついにが念願かなって企画が通ったマユ(平山あや)は、大はしゃぎで松方(菅野美穂)に報告に来た。

それは、恋愛のカリスマと呼ばれている女性作家の夏目美芳(小西美帆)の小説を「JIDAI」に連載するというものだった。

マユが、なんとか1年以上も前から夏目のところに通い続け、ついに実現した企画だったのだ。

しかし、梅宮(伊武雅刀)と成田(沢村一樹)は、「2年目の編集者では頼りない」という理由で、マユじゃなくベテランの域になりつつある弘子に夏目の担当を命じた。担当を外された相当ショックだったらしく仕事に身が入らないマユは失敗を連発してしまう。

一方、そんなマユを心配していた弘子も、夏目にどんな作品を書いてもらおうかと頭を悩ませながら考えていた。そこで、夏目にまず「JIDAI」の読者層のことを説明し、これまでの恋愛小説とは違う新しい夏目美芳を売り出せないかと相談した。

それをき聞きつけたマユは、「先生の世界観をこわさないでください」と弘子に猛反発してしまうのだった。

マユのことと夏目の連載のことも気になる弘子だったのだが、ある日、久しぶりに彼氏の新二(吉沢悠)と海へ出かけた。

だが、海でデート中の弘子のところに菅原(津田寛治)からマユがいなくなったと連絡が入った。
posted by 働きマン at 20:28 | 「働きマン」 あらすじ

「働きマン」第3話ドラマ感想

★「働きマン」第3話ドラマ感想

第3話を見逃した人の為に簡単におさらいです。
松方弘子は自信過剰で超生意気な新人の田中に頭を悩ませる。松方は田中の教育係に指名されるが何かにつけて口答えしたり夜は他の人よりも先に帰るなど困った行動ばかり。新人の田中は週刊JIDAIのやり方が気にくわなかったりやりがいを見つけられずにいたのだが、ある日垂れ込みがあり急にやる気を出した。しかも会社に泊まってまで仕事をした。翌日タレコミのネタを元に企画を作成したのだがデスクに却下される。田中はJIDAIのやり方やデスクの方針は古いなど暴言をデスクに吐くのだが、実はそのタレコミはガセネタだったのだ。田中は反省し松方と仕事をすることになる。
みんなから「リスキー」というあだ名が付けられる。

いや〜今回もおもしろかったですよ。
今回は新人田中(速水もこみち)がメインの話ですかね。
田中はやりたい事がファッション。だけどやらせてもらえない。

うむう〜分かるような気もするけど本当に大丈夫なの?その前に一人前になってから偉そう口を聞けよと思った私でしたが、そんな考え古いのでしょうね。

なにかをぶっ壊すのってこういう新しい力なんですよね〜。確かにリスクがありますけど、やらせてみたらと思ってしまいました。第3話はそんな感じで終わるのかなあっと思いましたが、普通に却下され松方に殴られてお終いでしたね。ドラマでは怒る事は体力のいる事なんだから松方に感謝しろとデスクが田中に言って終わる。

人生ってこんなんだよなあっと考えさせられましたよね。

posted by 働きマン at 14:11 | 「働きマン」 ドラマ感想

働きマン 第3話あらすじ

★働きマン 第3話あらすじ

松方弘子(菅野美穂)は、自信過剰で腹が立つ程の生意気な新人である田中(速水もこみち)の指導係になったのだが、記事の書き直しに反論したり、夜は皆より先に帰ってしまったりする田中に手を焼いていた。

実のところ田中は元来ファッション誌希望だったのだ、そういうこともあり今の週刊JIDAIでは、やりがいがいを感じないでいるのだ。

そんな中、小林(荒川良々)の出した企画が通ったのだ。それは “ホリメグ” ことグラビアアイドルである堀田めぐみ(小松彩夏)のインタビュー付きカラー記事。

しかしよりによって、そのグラビア撮影の当日に、小林がインフルエンザで高熱を出しダウンしてしまったのだ。困ってしまったデスクの成田(沢村一樹)は、なぜか田中を代打に指名する、そこで指導係である弘子も仕方なく一緒にグラビアの撮影に立ち会うこととなる。

インタビューを書き起こした田中に弘子は、小林が通した企画なので小林の企画に従ってもう一度やりなおすように指示する。

しかし田中は これに対して、「こんな持ち上げ記事書いて、何が面白いんですかね」 と反発…。しかも、 「JIDAI」 は暇つぶしにちょうどいい位の雑誌だといってしまたのだ。

さすがの弘子も怒りがこみあげてきたのだが、怒ることもできず 「…何言っても響かない奴なんだ」 と雅美(佐田真由美)に本気で愚痴をもらす。

しかしその夜に、編集部にまだいた田中は、“ホリメグの出生の秘密を売る” というタレコミの電話を受けることとなり・・・。
posted by 働きマン at 18:23 | 「働きマン」 あらすじ

働きマン 第2話ドラマ感想

★働きマン 第2話ドラマ感想

第二話もみました〜。

面白かったですね。ドラマが始まっていきなり「お肌が潤ったー。女性ホルモンが分泌」なんて結構ギリギリ発言では?

分からないでもないですけどね。

ドラマが始まってその朝、彼氏の新二に結婚式はどうしようかとの質問。スゴク焦ってた菅野美穂の表情がどこか可愛かったですね。
相変わらず表情が豊かな女優さん。素晴らしい演技に感服です。

三十路ですかあ〜。。。
三十路じゃいけないんですか?

というよりも主人公の菅野美穂が演じている松方弘子は女を捨てている役柄。

確かに男社会の中にいると気合を入れる必要があるし、女を見せると逆に男に嫌われるし、かといって男まさりだとさらに嫌われる。

まあ男も悪いのですけどね。実力あるのに男も女もその間も関係ないとは思いませんか?ただの男のプライドなのか?そんなプライドなんか邪魔者ですよ。

どちらにせよ会社にとっては仕事の出来る人間が必要なのは変わりがないのですけどね。

そういう男にかぎって仕事ができない。

女性も女性でなんで女性らしさを捨てるのでしょうか?もったいないと思うのですけど。体を使えと言っているのではなく、男はおとこ、女はおんな。変えようがないとは思いませんか?

そんなことよりも男性の長所、女性の長所を生かして仕事が出来れば皆円満だと思いますけど。

現代社会では難しいかな?

そんな事を非常に強く考えさせられる第2話でした。
posted by 働きマン at 07:58 | 「働きマン」 ドラマ感想

「働きマン」 第2話あらすじ

★「働きマン」 第2話あらすじ

久しぶりに恋人である新二(吉沢悠)が部屋に泊まった朝に「結婚式どうする?」 と聞かれて松方弘子(菅野美穂)は、友達の結婚式の話なのに思わず間違って自分たちのことと勘違いして、変に動揺してしまうのだ。結婚は心からしたいけども、仕事のことを考えるとなかなか前に踏み出せなくなる弘子。「こんなんで私は嫁にいけるのか?」 とつぶやき不安になってしまうのだった。

ある時、「週刊ベースボールキング」 の編集者である野川由実(釈由美子)が、松方弘子が勤めている「JIDAI」の編集部に結婚をするからと挨拶にやって来た。笑顔をまわりに振りまく彼女の周囲には、成田(沢村一樹)や小林(荒川良々)ら男性陣がどこからともなく集まってきている。梶(吉瀬美智子)はそれを、「男の方からかしずいてくるお姫様系の魅力、姫力」 だと説明する。

弘子は、“世界に斬り込む日本の侍たち” という企画が通ったので、田中(速水もこみち)と一緒に取材することになった。弘子は企画の目玉をメジャーからもオファーが殺到しているプロ野球選手・志村純司(上地雄輔にしたいと思いどうしてもインタビューを取りたいと考えた。しかし、取材が大嫌いで知られている志村は、アポを取ろうとしてもまったく受けてはくれなかった。思い切って練習グラウンドに行き直接志村と交渉しようと試みるが、志村の周りを囲む番記者たちに邪魔され企画書さえ受け取ってもらうことができない。

しかしそんな時、弘子は、番記者たちが群がっている中で余裕を見せながら笑顔で志村と会話をしている由実を見かけた。由実は 「週刊ベースボールキング」 で、志村の密着コラムを連載している。「志村選手を紹介してほしい」 と由実に頭を下げる弘子だが。由実は仕方がなさそうに企画書を受け取って、志村に渡すことには承諾したが・・・・。

また問題でしょうか?どうなる事やら?でも次回は働きマンモードには入れるのでしょうか?楽しみです。
posted by 働きマン at 18:15 | 「働きマン」 あらすじ

「働きマン」 第1話感想

「働きマン」 第1話感想

ドラマが始まってキャラクターの紹介から始まる。でもカメラ目線でのコメントは微妙〜でしたが。好き好きですかね。少しビックリしましたよ。

役者さん皆いい役を演じていたと思います。菅野美穂演じる松方弘子は本当にとことん働くのが生きがいのようでした。チョッと私には無理ですね〜。三日間不眠で仕事ですよー死んでしまいます。彼氏がいるのにもかかわらず仕事を選んでしまうところは難しい問題です。実際私の立場だったらどうしていたんだろうと考えさせられました。よっぽど理解があるかれしなのでしょうね。

逆に速水もこみち演じる田中邦男はどちらこというとプライベート優先で人生を楽しみたいという人間です。最近はこういう若い人がふえましたね〜。私の職場の若い子も同じです。別に上を目指して行こうと言う気持ちはないらしく生活最低限の暮らしが出来てプライベートを大切にしたいらしいです。やる気はないですよね。速水もこみちムカつきました。じゃなくて田中邦男です。本当にいそうな感じの若者のやくだったんで腹がたちましたよ。どちらにせよどっちを選ぶかは自由だと思います。古い人間はそれじゃ駄目だというけども、世の中いろんな考え方があるんですよね〜。他人の事はほうって置いていいじゃないですかね。

伊武雅刀さん演じる梅宮龍彦は編集長ですが最終決定するときはやはりこのひとの判断ひとつです。そのときの伊武雅刀さんの演技はスゴク迫力があり鳥肌がたってしまいました。

他の役者さんはそんなに目立つような活躍さすがにまだありません。これからの活躍が楽しみですね。

松方弘子が「働きマン」モードにスイッチが入るときのあの光はなんだあ〜?若干がっかりです。漫画からドラマ化したのだからしょうがないとはいえあの光はないですよ〜。

編集者はみな寝ずに働いているといいます。ドラマでもそんな設定でしたがそのわりには部屋が綺麗だったのは若干リアル感にかけると思いました。それに松方弘子演じる菅野美穂は目茶苦茶な生活なのに菅野美穂は肌が非常に綺麗なところは微みょ〜ですが。

内容的には非常に満足した。正直わたしは原作の漫画は読んだことが無いのですがそんな私でも満足できました。

第1話からイキナリすごい内容でしたが編集者のことが若干でも見られたところがうれしかったです。しかも絶体絶命てきな問題を無事解決した所がすっきりして良かったです。あの解決の仕方は強引でしたけどね。次回も楽しみにしています。次回は一体どんな問題があるんでしょうね。
posted by 働きマン at 18:54 | 「働きマン」 ドラマ感想

佐田真由美ってどんな人?

佐田 真由美(さだ まゆみ)

1977年8月23日生
出身:東京都
ファッションモデル・歌手・女優。
身長:166cm
B82 - W57 - H82、
足25.5cm
血液型:O型
趣味:ピアノ
特技:サキソフォン。
所属:LDH(EXILEのリーダーであるHIROが社長)所属。


祖父はアメリカ人のクオーターである。
3歳からモデルを始めることになるが最近は女優としても活躍している。
『ダウンタウンDX』ではホクロ好き、手が好きなど自分が何フェチかを暴露しているほか、殺陣の教室に行き教わっていことなども披露した。その他にも「私松本さんのDNAが欲しい」「ブラウン管で観てるときからヤバかった」などと告白するような発言を突然し始め、周りのの出演者達をビックリせていた。松本人志自身も照れながら顔を赤くしていたが「何でイキナリそんなこと言うねん」というリアクションをしていた。松本もビックリしたのじゃないかとおもう。
『グータンヌーボ』に出演の際、優香にMっぽいっと言われると、「そこら辺は変態だなと思うんだけど、凄いMでもう最強にMになって、最後にSになるのが好きなの!」と超暴露発言。ただ、男に束縛されるのは嫌いとの事です(過去に、地下鉄で携帯が通じないという理由でキレて扇風機などを投げつけるような男と付き合っていたのが原因らしい)。 本当に変わった性格である。個性豊かとも・・・。
「働きマン」ではどういう演技を見せてくれるのか?Mの一面をドラマで出すのだろうか?というか出てしまうのだろうか。ファンは目を離せないですね。


★主な出演ドラマ
・花より男子(2005年10月〜12月、TBS) - 藤堂静 役
・夜王第6話(2006年1月〜3月、TBS) - 揚羽 役
・花より男子2(2007年1月〜3月、TBS) - 藤堂静 役
・パパとムスメの7日間(2007年、TBS) - 西野和香子 役
・働きマン(2007年、日本テレビ) - 荒木雅美 役


★主な出演映画
・CASSHERN(2004年) - サグレー役
・仮面ライダー THE FIRST(2005年) - ショッカー幹部役
・RAINBOW DRIVEINN(2006年)主演 - 夏実役


★主な出演CM
・ヤマザキナビスコ チップスター(1999年)
・ソーテック AFINA note(2001年)
・NTTドコモ M-stage music Picawalk(2001年)
・ピーチ・ジョン(2004年)
・ユニクロ(2007年)ユースケ・サンタマリア、長谷川潤、岩堀せり、道端ジェシカと共演

その他多数出演あり
posted by 働きマン at 15:49 | 「働きマン」 出演者

吉沢悠ってどんな人?

吉沢 悠(よしざわ ひさし)

1978年8月30日生
俳優。
出身:東京都杉並区。
星座:乙女座。
血液型:B型。
所属:テンカラット

若手イケ面俳優。「働きマン」では松方弘子(菅野美穂)の恋人役だが個性豊かな働きマンメンバーの中でどんな演技を見せてくれるのだろうか。楽しみです。


★主な出演ドラマ
・女子アナ。 (倉本友也 役)
・白い影(戸田次郎 役)
・新・星の金貨(岩瀬真 役)
・アルジャーノンに花束を(高岡晴彦 役)
・エースをねらえ!(藤堂貴之 役)
・大奥スペシャル〜もうひとつの物語〜(伸吉 役 2006年、フジテレビ)
・働きマン (山城新二 役 2007年、日本テレビ)


★主な出演映画
・星に願いを。 (2003年)
・着信アリ2 (2005年)
・夕凪の街 桜の国 (2007年)


★舞台
・ハンブン東京 (2007年11月)
など


★主な出演CM
・NTT DoCoMo四国
・レオパレス21


★主な出演ラジオ
・オールナイトニッポン (ニッポン放送)
・「吉沢悠の @llnightnippon.com スペシャル」 (ニッポン放送)
・吉沢悠の YOU&iLand(FM香川) 
・SUPER STAR QR-月曜日 (文化放送)
posted by 働きマン at 15:23 | 「働きマン」 出演者

荒川良々ってどんな人?

★荒川 良々(あらかわ よしよし)

1974年1月18日生
所属:松尾スズキの主宰する劇団、大人計画所属の役者。
本名:荒川 良友。
出身:佐賀県小城市。
血液型:O型。
身長:183cm
体重:78kg

特技はバスケットボール。見た目はマイペースのおおらかな性格である。
なかなかいいドラマや映画などに出演している。
CMではカロリーメートのコマーシャルでブルース・リーの格好して登場。
なかなか格好いいがしゃべらずカロリーメートを食べながら登場しそしてそのまま去っていくあの存在はかなり気になります。
何なんだろう(ワラ)


★主な出演ドラマ
・トリック(テレビ朝日)
・義経(2005年1月 - 12月、NHK) - 大日坊春慶 役
・タイガー&ドラゴン(2005年4月 - 6月、TBS) - ジャンプ亭ジャンプ 役
・菊次郎とさき(テレビ朝日系)- ビートきよし 役
・危険なアネキ(2005年10月 - 12月、フジテレビ) - 田中 役
・夜王〜YAOH〜(2006年1月 - 3月、TBS) - 斉藤慎吾 役
・働きマン-小林あきひさ役


★主な出演映画
・嫌われ松子の一生 - 島津賢治 役
・ピンポン - 太田 役
・突入せよ! あさま山荘事件 - 木戸:長野県警機動隊長 役
・下妻物語 - 八百屋 役
・ロボコン - 豪原:第1ロボット部 部長 役
・龍が如く 劇場版 - 武器屋 役


★主な出演CM
・大塚製薬 カロリーメイト

posted by 働きマン at 15:00 | 「働きマン」 出演者

津田寛治ってどんな人?

★津田 寛治(つだ かんじ)

1965年8月27日生
日本の俳優。
ラ・セッテ所属。
出身:福井県福井市。
血液型:AB型
左利き
既婚者
愛称:ツダカン、ツダンジ。


映画俳優を目指して東京へ。

アルバイトをしながら小劇場系の劇団に所属していたが、勤務先の喫茶店にたまたま来ていた北野武(ビート武)に売り込んだのがきっかけで、北野武(ビート武)監督作品の『ソナチネ』で映画デビューを果たした。

それ以降、いくつものの劇場映画やテレビドラマに出演を重ね、バイプレーヤーとして注目を浴びるようになる。

最近は行定勲、堀江慶などの新進監督にも興味があり、この監督達の作品への出演も増えている。

そして、最近は映画(ショートフィルム)監督も手がけている。

第45回(2002年度)ブルーリボン賞にて助演男優賞を受賞した。2004年には、第17回東京国際映画祭の「日本映画 ある視点」部門に出品された『樹の海』(瀧本智行監督)での演技が評価され、特別賞を受賞したように実力は間違いなし。

映画監督としても「刑事まつり」の一編(小象*デカ)を手がけるなど多才ぶりを発揮している。

今最も注目を集める俳優の一人です。

「働きマン」では津田寛治の独特な演技を見せていただきたい。


★主な出演ドラマ
・仮面ライダー龍騎(2002年2月〜2003年1月、テレビ朝日系) - 大久保大介 役
・Dr.コトー診療所 第9、10話(2003年7月〜9月、フジテレビ系)
・乱歩R 第8話(2004年、日本テレビ系)
・着信アリ(2005年10月-12月、テレビ朝日系) - 山下勝彦 役
・出雲の阿国(2006年、NHK金曜時代劇) - 九蔵 役
・働きマン(2007年、日本テレビ) - 菅原文哉 役


★主な出演映画
・HANA-BI(1997年) - 取調べを受ける男
・ひまわり(2000年) - 久世公平 役
・GO(2001年)
・模倣犯(2002年) - 栗橋浩美 役
・Dolls(2002年)
・TAKESHIS'(2005年)
・LIMIT OF LOVE 海猿(2006年) - 三沢圭介 役
・日本沈没(2006年)
・さくらん(2007年) - 粧ひの客 役


★主な出演CM
・月桂冠「月」
・東京三菱銀行「住宅ローン」


その他多数あり


posted by 働きマン at 12:20 | 「働きマン」 出演者

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。