スポンサード リンク

「働きマン」 第2話あらすじ

★「働きマン」 第2話あらすじ

久しぶりに恋人である新二(吉沢悠)が部屋に泊まった朝に「結婚式どうする?」 と聞かれて松方弘子(菅野美穂)は、友達の結婚式の話なのに思わず間違って自分たちのことと勘違いして、変に動揺してしまうのだ。結婚は心からしたいけども、仕事のことを考えるとなかなか前に踏み出せなくなる弘子。「こんなんで私は嫁にいけるのか?」 とつぶやき不安になってしまうのだった。

ある時、「週刊ベースボールキング」 の編集者である野川由実(釈由美子)が、松方弘子が勤めている「JIDAI」の編集部に結婚をするからと挨拶にやって来た。笑顔をまわりに振りまく彼女の周囲には、成田(沢村一樹)や小林(荒川良々)ら男性陣がどこからともなく集まってきている。梶(吉瀬美智子)はそれを、「男の方からかしずいてくるお姫様系の魅力、姫力」 だと説明する。

弘子は、“世界に斬り込む日本の侍たち” という企画が通ったので、田中(速水もこみち)と一緒に取材することになった。弘子は企画の目玉をメジャーからもオファーが殺到しているプロ野球選手・志村純司(上地雄輔にしたいと思いどうしてもインタビューを取りたいと考えた。しかし、取材が大嫌いで知られている志村は、アポを取ろうとしてもまったく受けてはくれなかった。思い切って練習グラウンドに行き直接志村と交渉しようと試みるが、志村の周りを囲む番記者たちに邪魔され企画書さえ受け取ってもらうことができない。

しかしそんな時、弘子は、番記者たちが群がっている中で余裕を見せながら笑顔で志村と会話をしている由実を見かけた。由実は 「週刊ベースボールキング」 で、志村の密着コラムを連載している。「志村選手を紹介してほしい」 と由実に頭を下げる弘子だが。由実は仕方がなさそうに企画書を受け取って、志村に渡すことには承諾したが・・・・。

また問題でしょうか?どうなる事やら?でも次回は働きマンモードには入れるのでしょうか?楽しみです。
posted by 働きマン at 18:15 | 「働きマン」 あらすじ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。