スポンサード リンク

「働きマン」第3話ドラマ感想

★「働きマン」第3話ドラマ感想

第3話を見逃した人の為に簡単におさらいです。
松方弘子は自信過剰で超生意気な新人の田中に頭を悩ませる。松方は田中の教育係に指名されるが何かにつけて口答えしたり夜は他の人よりも先に帰るなど困った行動ばかり。新人の田中は週刊JIDAIのやり方が気にくわなかったりやりがいを見つけられずにいたのだが、ある日垂れ込みがあり急にやる気を出した。しかも会社に泊まってまで仕事をした。翌日タレコミのネタを元に企画を作成したのだがデスクに却下される。田中はJIDAIのやり方やデスクの方針は古いなど暴言をデスクに吐くのだが、実はそのタレコミはガセネタだったのだ。田中は反省し松方と仕事をすることになる。
みんなから「リスキー」というあだ名が付けられる。

いや〜今回もおもしろかったですよ。
今回は新人田中(速水もこみち)がメインの話ですかね。
田中はやりたい事がファッション。だけどやらせてもらえない。

うむう〜分かるような気もするけど本当に大丈夫なの?その前に一人前になってから偉そう口を聞けよと思った私でしたが、そんな考え古いのでしょうね。

なにかをぶっ壊すのってこういう新しい力なんですよね〜。確かにリスクがありますけど、やらせてみたらと思ってしまいました。第3話はそんな感じで終わるのかなあっと思いましたが、普通に却下され松方に殴られてお終いでしたね。ドラマでは怒る事は体力のいる事なんだから松方に感謝しろとデスクが田中に言って終わる。

人生ってこんなんだよなあっと考えさせられましたよね。

posted by 働きマン at 14:11 | 「働きマン」 ドラマ感想
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。