スポンサード リンク

働きマンの登場人物・出演者一覧

「働きマン」の登場人物・出演者一覧
(役名:出演者名)


・松方弘子(まつかたひろこ)(28):菅野美穂
ドラマの主人公。独身でプライドが高く勝気な性格。週刊誌「JIDAI」の女性編集者。恋愛よりも大好きな仕事に情熱を注いでしまい、たとえプライベートが犠牲になっても、仕事や恋人との関係で悩んでも、仕事モードに突入すると男のように力強くエネルギッシュになるため「働きマン」というあだ名が付けられる。働きマンモードに入るとどんな困難な場面もクリアし乗り越えていく。戦闘服として時にドレスアップをして女モードになる場合もある。夢は30歳までに編集長になる事。恋人の新二の事を心から愛してるが二人の関係がどうなるかはドラマで。


・成田君男(なりたきみお)(39):沢村一樹
デスク。独身で趣味はアウトドア。弘子の頼りになる上司。性格はおおらかそして冷静。仕事を良くこなせ仕事に対し余裕のある大人の男。弁舌巧みで要領が良くおいしい所はもっていく。編集長の片腕的な存在。


・梅宮龍彦(うめみやたつひこ)(48):伊武雅刀
週刊誌「JIDAI」の編集長。JIDAIの元敏腕記者。典型的なオヤジ。元祖「働きマン」でいざという時は頼りになる男である。普段は面倒くさいと言いながらも仕事を楽しむ。


・渚マユ(なぎさまゆ)(23):平山あや
弘子の後輩編集者。働きマンである弘子を尊敬し仕事も好きだが、責任感は希薄。夢は愛読作家の代表作を出版することで、そのために出版社に入社する事になった。何事に対しても大げさな面がある。


・田中邦男(たなかくにお)(22):速水もこみち
新入編集者。プライドが高く自由で仕事はどちらかといえば個人技派。仕事に時間を取られる事が嫌いで夜は仕事しないなど徹底した個人主義を貫く。


・梶舞子(かじまいこ)(31):吉瀬美智子
文芸担当の弘子の先輩編集者。編集部に4人いる女性の中で一番の年長。冷静かつセクシー、エレガントな大人の女。編集部・担当作家をメロメロにする魔性の女性で。私生活は謎に包まれている。職場の高嶺の花的存在である。


・菅原文哉(すがわらふみや)(35):津田寛治
張り込み班の編集者。無口で強面。弘子を嫌っている。張り込みは嫌われる仕事という事で好きではないが、責任感からなんとか仕事をしているかんがある。


・小林明久(こばやしあきひさ)(29):荒川良良
担当は風俗とグルメの編集者。弘子とは同期でありそして飲み仲間でもある。ニックネームは「こぶちゃん」。秘密主義の編集部において思った事はあっさり言って裏が無い貴重な開けっ広げな性格。仕事にはプライドあり。


・山城新二(やましろしんじ)(28):吉沢悠
弘子の恋人。大手ゼネコン勤務。仕事熱心で凄く真面目ではあるのだが弘子までは仕事に燃えていない。常に仕事に夢中な働きマンである弘子が好きだが、時に関係を考えてしまう事がある。


・荒木雅美(あらきまさみ)(28):佐田真由美
弘子の大学の同級生であり無二の親友で何でも話す間柄。容姿端麗で恋愛の達人。7人の男をキープ。男が途切れたためしがない。弘子のよき相談者でもある







posted by 働きマン at 20:54 | 働きマン 登場人物

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。