スポンサード リンク

「働きマン」 第4話あらすじ

★「働きマン」 第4話あらすじ

ついにが念願かなって企画が通ったマユ(平山あや)は、大はしゃぎで松方(菅野美穂)に報告に来た。

それは、恋愛のカリスマと呼ばれている女性作家の夏目美芳(小西美帆)の小説を「JIDAI」に連載するというものだった。

マユが、なんとか1年以上も前から夏目のところに通い続け、ついに実現した企画だったのだ。

しかし、梅宮(伊武雅刀)と成田(沢村一樹)は、「2年目の編集者では頼りない」という理由で、マユじゃなくベテランの域になりつつある弘子に夏目の担当を命じた。担当を外された相当ショックだったらしく仕事に身が入らないマユは失敗を連発してしまう。

一方、そんなマユを心配していた弘子も、夏目にどんな作品を書いてもらおうかと頭を悩ませながら考えていた。そこで、夏目にまず「JIDAI」の読者層のことを説明し、これまでの恋愛小説とは違う新しい夏目美芳を売り出せないかと相談した。

それをき聞きつけたマユは、「先生の世界観をこわさないでください」と弘子に猛反発してしまうのだった。

マユのことと夏目の連載のことも気になる弘子だったのだが、ある日、久しぶりに彼氏の新二(吉沢悠)と海へ出かけた。

だが、海でデート中の弘子のところに菅原(津田寛治)からマユがいなくなったと連絡が入った。
posted by 働きマン at 20:28 | 「働きマン」 あらすじ

働きマン 第3話あらすじ

★働きマン 第3話あらすじ

松方弘子(菅野美穂)は、自信過剰で腹が立つ程の生意気な新人である田中(速水もこみち)の指導係になったのだが、記事の書き直しに反論したり、夜は皆より先に帰ってしまったりする田中に手を焼いていた。

実のところ田中は元来ファッション誌希望だったのだ、そういうこともあり今の週刊JIDAIでは、やりがいがいを感じないでいるのだ。

そんな中、小林(荒川良々)の出した企画が通ったのだ。それは “ホリメグ” ことグラビアアイドルである堀田めぐみ(小松彩夏)のインタビュー付きカラー記事。

しかしよりによって、そのグラビア撮影の当日に、小林がインフルエンザで高熱を出しダウンしてしまったのだ。困ってしまったデスクの成田(沢村一樹)は、なぜか田中を代打に指名する、そこで指導係である弘子も仕方なく一緒にグラビアの撮影に立ち会うこととなる。

インタビューを書き起こした田中に弘子は、小林が通した企画なので小林の企画に従ってもう一度やりなおすように指示する。

しかし田中は これに対して、「こんな持ち上げ記事書いて、何が面白いんですかね」 と反発…。しかも、 「JIDAI」 は暇つぶしにちょうどいい位の雑誌だといってしまたのだ。

さすがの弘子も怒りがこみあげてきたのだが、怒ることもできず 「…何言っても響かない奴なんだ」 と雅美(佐田真由美)に本気で愚痴をもらす。

しかしその夜に、編集部にまだいた田中は、“ホリメグの出生の秘密を売る” というタレコミの電話を受けることとなり・・・。
posted by 働きマン at 18:23 | 「働きマン」 あらすじ

「働きマン」 第2話あらすじ

★「働きマン」 第2話あらすじ

久しぶりに恋人である新二(吉沢悠)が部屋に泊まった朝に「結婚式どうする?」 と聞かれて松方弘子(菅野美穂)は、友達の結婚式の話なのに思わず間違って自分たちのことと勘違いして、変に動揺してしまうのだ。結婚は心からしたいけども、仕事のことを考えるとなかなか前に踏み出せなくなる弘子。「こんなんで私は嫁にいけるのか?」 とつぶやき不安になってしまうのだった。

ある時、「週刊ベースボールキング」 の編集者である野川由実(釈由美子)が、松方弘子が勤めている「JIDAI」の編集部に結婚をするからと挨拶にやって来た。笑顔をまわりに振りまく彼女の周囲には、成田(沢村一樹)や小林(荒川良々)ら男性陣がどこからともなく集まってきている。梶(吉瀬美智子)はそれを、「男の方からかしずいてくるお姫様系の魅力、姫力」 だと説明する。

弘子は、“世界に斬り込む日本の侍たち” という企画が通ったので、田中(速水もこみち)と一緒に取材することになった。弘子は企画の目玉をメジャーからもオファーが殺到しているプロ野球選手・志村純司(上地雄輔にしたいと思いどうしてもインタビューを取りたいと考えた。しかし、取材が大嫌いで知られている志村は、アポを取ろうとしてもまったく受けてはくれなかった。思い切って練習グラウンドに行き直接志村と交渉しようと試みるが、志村の周りを囲む番記者たちに邪魔され企画書さえ受け取ってもらうことができない。

しかしそんな時、弘子は、番記者たちが群がっている中で余裕を見せながら笑顔で志村と会話をしている由実を見かけた。由実は 「週刊ベースボールキング」 で、志村の密着コラムを連載している。「志村選手を紹介してほしい」 と由実に頭を下げる弘子だが。由実は仕方がなさそうに企画書を受け取って、志村に渡すことには承諾したが・・・・。

また問題でしょうか?どうなる事やら?でも次回は働きマンモードには入れるのでしょうか?楽しみです。
posted by 働きマン at 18:15 | 「働きマン」 あらすじ

働きマンのあらすじ

弘子(菅野美穂)は編集長(伊武雅刀)や上司や同僚たちと一緒に右往左往しながらもいい雑誌を作る為に日夜奮闘する。

寝食、私生活を忘れて仕事に没頭、熱中するエネルギッシュな主人公。恋人との逢瀬もままならず、ジレンマに悩み、誰かとぶつかり……。

それでもいい仕事をする為に、弘子(菅野美穂)は職場で、取材で、「働きマン」になっていく。

そんな主人公を通して、働く事の意味考えるドラマ。

「週刊 JIDAI」の編集者として働く松方弘子(菅野美穂)は寝食、私生活、恋愛よりも大好きな仕事に情熱を注いでしまう28歳の女性。

自分が出した企画が通り、外務大臣である星川の豪華な日常を追うために取材を始める。

取材自体の収穫は少ない物だったのだが後日、星川の第二秘書である歌子(夏木マリ)から電話で星川の機密費流用を告発してきたため呼び出される。

恋人の新二(吉沢)と久しぶりのデートの約束だったが久しぶりのスクープの予感にデートをキャンセル。

恋人である新二(吉沢悠)はゼネコンで働く28歳。

ひじょうに真面目で仕事熱心でもあるが、弘子(菅野)ほど仕事に燃えてはいない。

常に仕事を頑張っている弘子が好きだが、時に関係を考えてしまう事もある。

そんな新二は弘子にデートをキャンセルされてしまうことになる。

二人の関係はどうなるのか?


気になる人はぜひ「働きマン」を見てください^^

posted by 働きマン at 14:39 | 「働きマン」 あらすじ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。