スポンサード リンク

「働きマン」第3話ドラマ感想

★「働きマン」第3話ドラマ感想

第3話を見逃した人の為に簡単におさらいです。
松方弘子は自信過剰で超生意気な新人の田中に頭を悩ませる。松方は田中の教育係に指名されるが何かにつけて口答えしたり夜は他の人よりも先に帰るなど困った行動ばかり。新人の田中は週刊JIDAIのやり方が気にくわなかったりやりがいを見つけられずにいたのだが、ある日垂れ込みがあり急にやる気を出した。しかも会社に泊まってまで仕事をした。翌日タレコミのネタを元に企画を作成したのだがデスクに却下される。田中はJIDAIのやり方やデスクの方針は古いなど暴言をデスクに吐くのだが、実はそのタレコミはガセネタだったのだ。田中は反省し松方と仕事をすることになる。
みんなから「リスキー」というあだ名が付けられる。

いや〜今回もおもしろかったですよ。
今回は新人田中(速水もこみち)がメインの話ですかね。
田中はやりたい事がファッション。だけどやらせてもらえない。

うむう〜分かるような気もするけど本当に大丈夫なの?その前に一人前になってから偉そう口を聞けよと思った私でしたが、そんな考え古いのでしょうね。

なにかをぶっ壊すのってこういう新しい力なんですよね〜。確かにリスクがありますけど、やらせてみたらと思ってしまいました。第3話はそんな感じで終わるのかなあっと思いましたが、普通に却下され松方に殴られてお終いでしたね。ドラマでは怒る事は体力のいる事なんだから松方に感謝しろとデスクが田中に言って終わる。

人生ってこんなんだよなあっと考えさせられましたよね。

posted by 働きマン at 14:11 | 「働きマン」 ドラマ感想

働きマン 第2話ドラマ感想

★働きマン 第2話ドラマ感想

第二話もみました〜。

面白かったですね。ドラマが始まっていきなり「お肌が潤ったー。女性ホルモンが分泌」なんて結構ギリギリ発言では?

分からないでもないですけどね。

ドラマが始まってその朝、彼氏の新二に結婚式はどうしようかとの質問。スゴク焦ってた菅野美穂の表情がどこか可愛かったですね。
相変わらず表情が豊かな女優さん。素晴らしい演技に感服です。

三十路ですかあ〜。。。
三十路じゃいけないんですか?

というよりも主人公の菅野美穂が演じている松方弘子は女を捨てている役柄。

確かに男社会の中にいると気合を入れる必要があるし、女を見せると逆に男に嫌われるし、かといって男まさりだとさらに嫌われる。

まあ男も悪いのですけどね。実力あるのに男も女もその間も関係ないとは思いませんか?ただの男のプライドなのか?そんなプライドなんか邪魔者ですよ。

どちらにせよ会社にとっては仕事の出来る人間が必要なのは変わりがないのですけどね。

そういう男にかぎって仕事ができない。

女性も女性でなんで女性らしさを捨てるのでしょうか?もったいないと思うのですけど。体を使えと言っているのではなく、男はおとこ、女はおんな。変えようがないとは思いませんか?

そんなことよりも男性の長所、女性の長所を生かして仕事が出来れば皆円満だと思いますけど。

現代社会では難しいかな?

そんな事を非常に強く考えさせられる第2話でした。
posted by 働きマン at 07:58 | 「働きマン」 ドラマ感想

「働きマン」 第1話感想

「働きマン」 第1話感想

ドラマが始まってキャラクターの紹介から始まる。でもカメラ目線でのコメントは微妙〜でしたが。好き好きですかね。少しビックリしましたよ。

役者さん皆いい役を演じていたと思います。菅野美穂演じる松方弘子は本当にとことん働くのが生きがいのようでした。チョッと私には無理ですね〜。三日間不眠で仕事ですよー死んでしまいます。彼氏がいるのにもかかわらず仕事を選んでしまうところは難しい問題です。実際私の立場だったらどうしていたんだろうと考えさせられました。よっぽど理解があるかれしなのでしょうね。

逆に速水もこみち演じる田中邦男はどちらこというとプライベート優先で人生を楽しみたいという人間です。最近はこういう若い人がふえましたね〜。私の職場の若い子も同じです。別に上を目指して行こうと言う気持ちはないらしく生活最低限の暮らしが出来てプライベートを大切にしたいらしいです。やる気はないですよね。速水もこみちムカつきました。じゃなくて田中邦男です。本当にいそうな感じの若者のやくだったんで腹がたちましたよ。どちらにせよどっちを選ぶかは自由だと思います。古い人間はそれじゃ駄目だというけども、世の中いろんな考え方があるんですよね〜。他人の事はほうって置いていいじゃないですかね。

伊武雅刀さん演じる梅宮龍彦は編集長ですが最終決定するときはやはりこのひとの判断ひとつです。そのときの伊武雅刀さんの演技はスゴク迫力があり鳥肌がたってしまいました。

他の役者さんはそんなに目立つような活躍さすがにまだありません。これからの活躍が楽しみですね。

松方弘子が「働きマン」モードにスイッチが入るときのあの光はなんだあ〜?若干がっかりです。漫画からドラマ化したのだからしょうがないとはいえあの光はないですよ〜。

編集者はみな寝ずに働いているといいます。ドラマでもそんな設定でしたがそのわりには部屋が綺麗だったのは若干リアル感にかけると思いました。それに松方弘子演じる菅野美穂は目茶苦茶な生活なのに菅野美穂は肌が非常に綺麗なところは微みょ〜ですが。

内容的には非常に満足した。正直わたしは原作の漫画は読んだことが無いのですがそんな私でも満足できました。

第1話からイキナリすごい内容でしたが編集者のことが若干でも見られたところがうれしかったです。しかも絶体絶命てきな問題を無事解決した所がすっきりして良かったです。あの解決の仕方は強引でしたけどね。次回も楽しみにしています。次回は一体どんな問題があるんでしょうね。
posted by 働きマン at 18:54 | 「働きマン」 ドラマ感想

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。